営業支援システムと協力体制

営業支援システムでは、個人の営業力を向上させるということも大切な目標ですが、一方でその会社の営業力を総合的に高めるということも大切になります、営業というと一匹狼的な仕事と思いやすいですが、会社自体の強力なサポートがあると非常にやりやすくなり、営業はその会社全体の営業の最後のひと槍的なことでの結果として、会社全体の営業の勝利という捉え方になるだろうと思います。そうなると営業支援システムも営業担当者の営業を軽減してくれますし、会社自体でもやりがいや把握もしやすくなります。それを如何にスムーズにできるのかがこのシステムのポイントになるのではないかと思います。そのシステムの利用で会社内の雰囲気も変わるということで、社内が一丸となって営業ができるということにもなります。昔のような部署ごとの相克もなくなるということになります。

営業支援システムとセールスパフォーマンス

営業支援システムではセールスパフォーマンス管理ということもできるようになりますが、今までのように営業の担当者が単発でそれぞれ対象者に向かっていくということではなくて、会社自体が完全に営業担当者をホローしながらグループで成績を伸ばしていくという方法を取ることができます。連結できるということで、そのグループや会社全体のいろいろな情報が手に取るようにわかり、自分たちの行動も把握しやすいということで、全体はどうなっているのかという不安なども持たずにすむということになります。そのように営業支援システムはそのままセールスパフォーマンスの向上や管理ができるという優れたシステムにもなり得るということでもあります。そのシステムがどれほど重要かわかりますが、それをうまく構築できた企業が生き残れるということでもあります。

営業支援システムと自信の構築

営業支援システムのメリットとしては、その営業での見える部分が増えていくというメリットがあります。今までは営業支援がない状態で営業をしていましたので、全て自分で構築して進めていかなければなりませんでしたので、全てが見えない状態で手探りで進めていくという非常に不利な営業をしていかなければなりませんでした。眼に見えないものはとても不安になるのが人間の性ですので、それらの状態を克服してから営業をしていかないといけない状態でした。いわゆる可視化ができていなかったということになります。しかし営業支援システムを導入すると、その見えない部分の多くを可視化できます。それだけ無駄な労力を費やさずにすむということになります。そのようにそのシステムを導入するだけで自分の自信も構築しやすくなり、本来の営業に専念できるということになります。

コメントする

*