営業支援システムと売上の仕組み

営業支援システムでは機能的な仕組みを利用できるということですが、その場合も内容を細かく把握して計算しながら営業の成果の確認ができる、予想ができるということになります。例えば売上の把握をする場合でも、営業や商談の規模、件数、成約率を高めていき、時間の短縮をしていくと自然に成績が上がりますが、それを逆に見ていくと、それぞれの段階での必要な数の予想ができるという具合です。そうなれば売上の把握もしやすくなり、またそれそれの段階での内容も高めることもできるようになるということになります。そのように営業支援システムを導入して、それをうまく利用することができれば、細かく分析をすることによって、分析内容も出た結果も調整できて売上の把握ができるようになるということになり、非常に便利に使うことができます。とても便利に使えます。

営業支援システムと営業の質の向上

営業支援システムのメリットでは、見えない部分が見えるようになるということでの組織全体の質の向上が期待できるのではないかと思います。大体営業マンの1日の状態はブラックボックス化してしまうもので、成績が上がらない営業マンには叱責だけで具体的な指導ができないということになり、結果を出している営業マンには何をしていても問題ないという対処になってしまいます。しかしそうなるとその有能な営業マンが成績が下がったり辞めてしまえばその会社には何も残らなくなり、業績が低迷してしまうということになります。そのようにならないためにも営業部門全体の質の向上が必要になりますが、それができるのが営業支援システムということになります。それは有能な営業の担当者のテクニックを一般化できるということですし、成績の悪い担当者のレベルアップが出来るということだからです。

営業支援システムと機能

営業支援システムの機能は一般的にどのようなものがあるかというと、顧客管理機能と商談管理機能、また情報の集計、分析などが中心になっているのではないかと思います。顧客管理機能では、例えば業務報告での作成やチーム内でのその情報の共有や報告などのシステムの機能があります。これはとても便利で、インターネットなどを利用して、集まらなくても即座に活用できます。また顧客の情報を蓄積して、それぞれの営業の担当者で情報を共有できれば、自分が行かなくても誰かに変わってもらえ、チャンスを失うということもなくなるということになります。これも営業支援システムということで、その分会社全体の収益が上がるということになります。また担当者の情報や問い合わせ情報なども共有できると、今の問題点がすべての社員に把握できるということになります。

コメントする

*